医師のホンネ・裏話

【医師ウラ話】手術するなら月初がお得

投稿日:

こんにちは。ボククボです。

総合病院で整形外科医をしています。

人工関節手術うけたいけど、
手術費用が高そうだから心配。。。」

という方も多いのではないでしょうか。

病院では、だれも教えてくれませんが

じつは、手術は月初に行うと、
月末に比べて医療費の支払い額が半分程度
になることが多いのです。
(個室代は別。通常の保険診療の場合)

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

ひみつは高額療養費制度

自己負担には上限がある

手術をうけると、高額の手術料がかかります。

人工股関節手術では、手術手技の料金だけで

376,900円かかります。

さらに、人工関節などのインプラント料も

100万円近くかかります。(メーカーにもよりますが)

さらに全身麻酔料などが加算されますので、

一日で超高額の医療費がかかることになります。

通常の健康保険で、これらの額の1-3割を負担しなくては
いけないのでしょうか?

答えはNOです。

日本には、高額療養費制度があるからです。

医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」があります。

厚生労働省ホームページ

年齢、収入などにより変わりますが、

一例をお見せすると、

70歳以上・年収約370万円~770万円、保険負担が3割の場合

自分で払う金額は、87,430円になります。
(個室代などは除く)

これは、手術にいくらかかっても同じです。

日本はいい国ですね。
上限を超えた分は、国が負担してくれます。

ん?一か月の上限額?

ここで、高額療養費制度の定義に戻ります。

「医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を
超えた場合、その超えた額を支給する」

とあります。

先ほど申しあげたとおり、

高額な医療費が発生するのは手術日です。

この日だけで上限に達してしまいます。

月をまたぐと上限額がリセット

つまり極端な話、前述の例の方が
5月31日に手術を受けると

手術料として、高額療養費の87,430円を支払う
ことになります。

6/1以降の術後入院(2-3週間)分の入院費用が
またかかりますので、

6月入院費用が上限程度まで達した場合
再度87,430円支払うことになります。

この場合、支払いは

「月初に手術→その月内に退院」

と比べて、支払いは倍になります。

月初に手術を受けるには

つづいて、手術日の相談方法です。

当然のことながら、医者は患者さんの支払い額
まで心配しません。

手術日を外来で相談して、
手術日程表っていうファイルに書き込んでいきます。

患者さんさえよければ、空いている日程の
最短日に決めることになるでしょう。

はじめに注意!

緊急性があったり、進行性の病気であれば、
医師のすすめる日程に従ってください。

このような場合、
医師はあなたのために、ほうぼうに頭を下げて
手術枠にねじ込んでいます。

そこで「月初でお願いします」なんていうと
ブチギレられます。

海外だとホテルマンみたいな人がマネジメントするので
医師が手術室、麻酔科に
頼み込むみたいなことはないようですね。
うらやましい。

さりげなく月初に

緊急性がない場合、おそらく外来で
いくつか日程の提示があると思います。

そのときには
「5/30は都合がわるいので、次の日程ありますか?」
とか

いって避けます。

高額療養費制度の知識があるツワモノは
あまりいないので、月初が埋まっているって
ことは稀です。

(日本は平和ですね。)

まあ、人工関節なら数週間の入院なので
中旬ぐらいなら許容範囲でしょう。

チェックポイント

チェックするポイントとしては、

入院日も手術日と同じ月になっているかです。

総合病院では、入院初日に加算される
ボーナス加算のようなものがあります。

これも高額になりがちなので、

参考)入院料等:しろぽんネット

「5/31入院、6/1手術」などのパターンは
避けた方がよいいでしょう。

人工股関節の手術を受けた人が読みたい本

新品価格
¥1,320から
(2020/4/23 09:31時点)

まとめ

今回は、手術にまつわるお金のお話でした。

「手術を受けるのにお金のことなんて。。。」

とためらうかもしれませんが、

今回のようなことは説明するのが面倒だから、
わざわざ話しませんが
患者さんがこの制度をうまく使おうとする分には

医者はなんとも思っていません。

制度について勉強した人が、得をするのは
どの世界でも同じですしね。

お友達にも教えてあげてください。
お気軽にコメントくださいね。


-医師のホンネ・裏話
-, , , ,

Copyright© ボククボのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.