医師のホンネ・裏話

医師にかかってくるマンション投資話

更新日:

こんにちは。ボククボです。

医師をやっているとマンション投資を謳う

怪しげなセールス電話がかかってきます。

どこかからかわかりませんが、これまで勤務

してきた病院・もしくは登録した医師向けサービス

から、名簿がもれていて、これを元に電話をかけて

きます。

病院に直接「メディカル○○(医療関係っぽい名前)
ですが、ボククボ先生いらっしゃいますか?」と

かけてきたり、連絡先を聞き出そうとする業者もいます。

こんな強引な営業をしてくる業者に、

大金を任せるなんて考えられませんが、電話をかけまくって

いれば、引っかかる医師もいるようです。

医師に不動産投資勧誘がくる理由

頻度としては、月一回程度かかってきます。

確定申告シーズンには特に多いです。

「先生、税金が高いとお考えではありませんか?」

「医師の先生方の節税方法について、ご提案さしあげております。」

といった入り口です。

医師(特に勤務医)は、収入は高いですが、

収入のほとんどが給与収入であるため、「節税」には敏感です。

マンション投資をすれば、

投資で損益がでたとしても、(売却益は除く)
不動産の減価償却費(名目上の資産価値減少)
を雑所得の赤字として、給与所得と合算できるので
年間数十万の節税になる、という寸法です。

相続税についても、動産での所有よりは、不動産の方が

価値を圧縮(1/3-1/5程度)できる、といったメリットがあります。

勧誘の業者は信用できる?

電話営業をかけてくる業者は、実在するのか?

ボククボは電話がかかってくる度に、ホームページを

一応検索しますが、ヒットした試しがありません。

せめて投資話を持ち掛けるぐらいであれば、
自社のホームページぐらい作ってほしいです。

まあ、そもそも会社が実在しないのかもしれませんが、、

投資用マンションを購入した医師

信じられない話ですが、勧誘電話に乗って、

投資用マンションを購入した知人医師がいます。

購入時は、仕事上のストレスでうつ傾向があり、

正常な判断ができなかったと言っていました。

結果は、高い手数料・価値の低い売れ残り物件を
相場より高く売りつけられて終了。。。

となると思いきや、

家賃収入が継続的に入った上、
2015年頃からの持続的な不動産価値の上昇後の
売却でも利益がでたそうです。銀行の低金利も効いたようです。

危なかったですね。。。

勧誘電話の断り方

登録のない電話番号からかかってきた場合、
名乗らずに出ることです。

すると、

医師の連絡先名簿は業者にとって資産なので
基本的には、名簿の確認から入ります。

「もしもしー、もしもしー、、、、、」

とこちらが名乗るのを待っています。

「はい?何ですか?」

と答えると

「えーっと、、○○先生ですか?」

業者は名乗らずに名前を聞いてきます。

この時点で、マンション投資電話と判断できます。

単純に「マンション投資は結構です。」と断るのもよいのですが、

今後の電話を減らすために、一工夫するのがおすすめです。

「○○先生?違います。」

「お医者さん向けのセールスですか?
最近間違い電話が多くて困っています。」

こうすれば、名簿から削除され、セールス電話の減少につながります。

ボククボは最近、

某医療サービスサイトで、

「人工関節使用についての電話調査にご協力のお願い」

という募集に応募してしまいました。(30分程度で1万円)

実際にはそのような電話調査はなく(落選というてい)

その後ジャンジャンセールス電話がかかってきました。

上記対応で乗り切り、現在は電話はかかってきません。

まとめ

  • 医師にマンション投資話がくる理由
  • セールスに乗ってマンションを購入した医師の話
  • セールス電話の撃退法

についてお話しました。

-医師のホンネ・裏話
-, , ,

Copyright© ボククボのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.