医師のホンネ・裏話 医療ニュース解説

【医師のホンネ】コロナ後に開業医倒産

更新日:

こんにちは。ボククボです。

新型コロナウィルスの流行が遷延しており、

経済の打撃も深刻化してきました。

クリニックを開業している医師たちも

長引く受診控えにより、経営が心配されます。

受診数、売り上げは?

友人の内科開業医に聞いたところでは、

売り上げ、受診者数は2-3割減だそうです。

都市部ですから、ボククボのバイト先整形外科

と同じですね。。

売り上げが伸びたクリニック

売り上げが伸びているクリニックもあります。

皮膚科クリニックです。

春は花粉症のシーズンですが、

花粉症患者は、ふつうは

内科・耳鼻科・皮膚科クリニックに受診します。

病院に行くことで、新型コロナウイルスに
感染することを心配した患者さんの多くが

内科や耳鼻科を避け、皮膚科に受診しているようです。

知人の皮膚科開業医は、

【売り上げが倍になった】

と言っていました。

倒産リスクのある開業医

受診数が2-3割減ったところで、すぐに倒産する

開業医は少ないとおもいます。

田舎の開業医は、受診数減少も限定的でしょうし、

基本的に開業医はかなり儲かるので、長年経営

されている方は問題ないと思います。

この騒動を機にリストラをすすめる方もいます。

倒産リスクが高いのは、

  • 都市部
  • 開業後数年以内
  • 賃貸のビル診療
  • 高額の初期設備投資

でしょう。新規開業するのには、

小さな診療所でも数億かかります。

さらに高額な医療機器を新品で導入、もしくは

リースしている場合もあり、

資金がショートする可能性があります。

(もちろん通常稼働していれば、莫大な利益を生むわけですが、、)

都市部の需要を見込んでのビル診療は、賃料が高いです。

それなりの格があるビルに入る必要があります。

居酒屋が入っているところで
開業するわけもいかないですしね。。。

騒動終息後は?

終息のめどはたっていませんが、

仮に終息した場合、客足はもどるのでしょうか。

多くの国民に

「風邪(ウィルス感染)は対症療法で
治るのを待つしかない」

ことがバレてしまいました。

通常の風邪は、
セルフメディケーション(薬局で解熱薬買う)
で充分でしょう。

内科開業医は今後も受診数が減少するのではないでしょうか。

また、まだまだ未熟ですが、

遠隔医療が急速に拡大する可能性もあります。

また、今回の騒動で3ヶ月処方を出しているので

血圧の薬などは、1か月分の処方に戻せない
可能性もあります。

リスクの少ない開業

今後、新規開業するのであれば、
リスクは最小化しなくてはいけません。

  • 継承物件
  • 田舎部での開業
  • 遠隔医療への対応を念頭に

というのがよいでしょう。

遠隔医療の普及

新型コロナウイルス流行により、

厚労省は「緊急的に遠隔医療の適応を拡げる」

対応をとっています。

これは、
「流行が終息したら対面診療を基本に」
ということです。

医師会の意向でしょう。

遠隔医療が中心になると、
医師会員である多くの開業医が困ります。

遠隔医療に対応できない、
高齢医師などは、淘汰されてしまいます。
(事業拡大するところも多くでてきますが)

なので、基本的には医師会は全力で
遠隔医療の普及を止めに来ます。

いまだに電子カルテも
開業医は、導入免除されてますしね。

それでも遠隔医療が普及する可能性

流行終息のめどが立たない状態が、年単位でつづけば

やはりインフラとして遠隔医療体制の整備は必要になります。

現在、メドレー、MRT、Medpeer、
オプティム、LINEヘルスケア
などが遠隔医療支援サービスに参入していますが、

開業医は、高額のサービス料を支払って、
遠隔診療を導入することになるでしょう。

ここ1-2年の開業医は

  • 時代の波を読む
  • ITの進歩についていく

が要求されます。

事業者としては当然なんですがね。

-医師のホンネ・裏話, 医療ニュース解説
-, , ,

Copyright© ボククボのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.