医療ニュース解説 病気の解説

【新型コロナ】BCGワクチンをめぐる混乱の原因

更新日:

こんにちは。ボククボです。

新型コロナウイルス流行の終息が見えない昨今

iPS細胞開発でノーベル賞受賞された山中伸弥先生が
自身のWebサイトで

「BCGワクチンと死亡者数が逆相関にあることは確か」

という発言をされました。

一般開業医さんのところに、

「BCGワクチンを打ってくれーー」

という大人の方々が殺到し、

山中先生ご自身が、

「BCGワクチンの効果を実証するものでない」

といった趣旨の追加コメントを出されています。

どこからが間違いか?

相関があるとは

二つのデータに相関があるというのは、

「一方のデータが大きければ、もう一方のデータも大きくなる」

という関係があることです。

二つのデータでグラフにしたときに、一直線上に並ぶことです。

今回の例でみると、
「BCGワクチン接種システムがある国は死亡率が低く、
 ない国は死亡率が高い」

ということです。

「確かである」とは?

医学研究の世界で「確かである」とは
どういうことを指すのでしょうか?

じつは、難しい線引きがあるわけではありません。
「偶然そんなデータになってしまう可能性が5%以下である」
となったときに、
「このデータは偶然出てきたものではない!」
と結論づけます。

たとえ話をすれば、

巨人が阪神に5連勝したとしましょう。(逆でもいいです)

巨人と阪神が同じ強さ(勝つ確率がどちらも1/2)と仮定すると

巨人が5連勝する確率は1/2の5乗で1/32(0.03...)です。
つまり両チームが同じ戦力なのに
このようなことが偶然起こる確率は3%ぐらいになります。

つまり、このような現象(5連勝)が確認されれば、医学上

「これは偶然ではない!巨人が強いんだ!
だって偶然だとすると3%の確率なんだもん」

という結論になります。

ちなみに5%というのは慣習的なものなので、
「科学的」根拠はありません。

相関があることは確か

これらのことを考えると、山中先生のいう、

「逆相関があることは確か」

とは、

「BCG接種率と死亡率の低さのデータを並べてみると、直線状に並ぶ」

しかも

「BCG接種と死亡率が全く相関がないと仮定したうえで、このようなデータ
が出てくるのは偶然ではない。(偶然でる確率は5%以下)」

である。ということです。

山中先生のいう「逆相関があることは確か」
ということの真意であり、ここまでは事実です。

じゃあBCGワクチン接種すればいいじゃん!?

BCGワクチン接種をしたくなりますが、
もうひとつ気を付けなければなりません。

「相関関係と因果関係は別もの」

なのです。

相関があっても因果関係がない

たとえ話をすれば十分でしょう。

例えば
「飲酒歴が長いほど、貯蓄額が大きい」という相関関係があります。

飲酒歴が長いと、年齢が高いことを意味するので、
平均の貯蓄額が上がるのです。
飲酒と貯蓄額に直接の因果関係はないので、

「酒を長期間飲めば、貯蓄できる」とか

「貯蓄が増えれば、酒量が増える」といった関係はありません。

余談ですが、
「朝ご飯を食べない子供は成績が悪い」というデータから
「朝ご飯を食べましょう」というのも同類の間違いですね。

BCG接種と低死亡率は因果関係を示していない

つまり、BCG接種率と低死亡率は相関関係がありますが

因果関係は証明されていません。

ワクチンとして推奨するには、因果関係の証明が必要となります。

因果関係はどうやって証明するか

現在、因果関係を証明する研究がなされています。

証明するには介入研究が必要です。

現在、BCG接種の制度がないオーストラリアの医療従事者
1000人を対象にした治験が行われています。

1000人をランダムにわけて、
BCGワクチンと偽薬(ただの水)のどちらかを注射します。

注射した人も注射された人も本物かどうかかわかりません。

一定の観察期間を置いた後、目隠しをオープンにして

BCGワクチン群の方が感染率が低ければ成功です。

ここでも、

「BCGワクチンが効果がないと仮定して、
このようなデータが得られる可能性が5%以下である。」

というレベルの差が出れば、

「BCGワクチンの方が感染率が低い」と解釈できるです。

まとめ

新薬の情報がでると飛びつきたくなる気持ちはわかりますが、

効果が証明できる可能性は大きくありません。

実験室のマウスで見つかるレベルの新薬候補が、
実際にヒトで効果が実証され、販売に至るまでの確率は

1/30,000程度といわれています。

冷静になりましょう。

以上です。

気軽にコメントくださいね。


-医療ニュース解説, 病気の解説
-, , , ,

Copyright© ボククボのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.