医師のホンネ・裏話 医療ニュース解説

【新型コロナ】国家医師総動員法が必要?

更新日:

こんにちは。ボククボです。

強めのタイトルを放り込みましたが、

新型コロナウイルス感染が爆発しましたし、

そろそろホントに医師総動員でないと太刀打ちできません。

たらい回しにされる’肺炎’

楽勝だった肺炎

細菌(ウイルスでない)による肺炎は内科系の救急を
やっていれば最も頻繁に目にする疾患です。

「施設入所中の80歳の方で昨日少し食事のときむせこみました。
今日から発熱、痰がでるようになってます。」

みたいなエピソードで救急搬送されてきます。

新型コロナウイルスが流行する前であれば、こんな症例
「あー、はいはい。どうぞー」
と、どこの病院でも受け入れていたと思います。

一旦禁食・抗生物質の点滴・加湿と痰吸入の指示出して
徐々に食事再開。
細菌性・誤嚥性の肺炎だったら、抗生物質がよく効きます。

呼吸状態も悪くもなさそうだし、研修医でも担当につけとくか
ってな感じです。

退院も元の施設に戻れば良いだけだし、1-2週間の短期入院で
病院も潤う。焦げ付きの心配もない。
(急性期病院の長期入院は病院が損するシステムになっています)

病院にとっては、オイシイ症例だったわけです

新型コロナウイルス流行中の肺炎対応

介護施設内での新型コロナウイルスクラスター感染
の可能性もある昨今、

肺炎を受け入れる病院は非常に少なくなっています。

受け入れ拒否の理由としては、

  • 当院は新型コロナ対策に対する方針が、まだ策定中です。
  • 肺炎は見ない方針となりました
  • 新型コロナウイルス用の個室が埋まっています。
    (院内発症用に確保してある)

といった理由です。

まあ、当直医師としては
断る理由があれば、断るのが楽です。
普段から、救急車の受け入れは医師の良心に任されています。
(働いても給料がもらえるわけでないし)

なにかと理由をつけて、救急車を全く受けないクソ野郎も
たまにいますが

今回はおおっぴらに断れるわけです。

病院は病院を守る

病院は、経営者があって従業員がいます。

このご時世で、医療従事者を
神格化する方もいるかもしれませんが、

病院は利潤を追求します。
(今どきでは大学病院もそうです。)

大学病院やいくつかの総合病院の新型コロナ対策を
目にしましたが、

いずれも共通して言えるのは、
「外来、入院患者から新型コロナ感染者を排除する」
方法が検討されています。

ボククボの病院でも

「入院適応の判断に際しては、細心の注意を払ってください」
「より慎重な判断が求められます。」

っていう、日本的な指示がありました。

総合病院には、

抗がん剤治療をされる方や手術を予定している方
関節リウマチなどで免疫抑制剤を使っている方
透析している方

など多くいますので、院内クラスター化するとすべての治療が
ストップするので仕方ありません。

肺炎だけが医療じゃないし、病院の完全閉鎖は
避けたい事態なのです。

当たり前ですが、
病院にとって守るのは病院であって、
日本ではありません。

院内発症はもはや避けられないが、、

現在の流行状況をみれば、

病院内にいつ新型コロナウイルスが入ってきても
おかしくありません。

都市部ではすべての病院で院内発症例が出るでしょう。

病院上層部もそれは覚悟していますが、

なんとか自分の病院に入ってくるのを遅らせてたい
順番を最後にしたい
、と考えています。

遅れれば遅れるほど、その病院への被害は少なくなります。

感染者が少なくなるわけではないので、
他の病院に感染者が行くことになるわけですが、

少なくともその病院は守られます。

活性炭マスクフィルター 交換マスクフィルター 100枚入 PM2.5 活性炭 マスク専用 高性能フィルター 5層保護フ ィルター 野外活動用 スポーツ バイク 自転車用 防塵マスク 防寒釣り 登山 フェイスマスク 花粉 砂 埃 対応 ア ウトドア 男女兼用

新品価格
¥1,500から
(2020/4/16 20:18時点)

感染症指定病院勤務医の疲弊

感染症指定病院の医師に、疲弊の色が見えてきています。

基本的には新型コロナウイルスの治療に
特別な治療は不要でしょうが、

感染のリスクがある状態というのはストレスですし
感染するのが前提のような状態です。

しかも、たまたま医局の派遣で勤務している医師などは
「たまたま、4月から感染症指定病院に回された」
「運が悪かった。。」

といった気持ちもありますし、

新型コロナウイルス患者に限らず、
肺炎疑いがあれば、
周辺病院は診察すらしないので、
次々と指定病院に搬送されます。

「なんで俺ばっかり、、、」

という気持ちが常にあるでしょう。

感染による、自宅待機医師もでており、
一部の未感染医師の負担も激増します。

医師総動員でないと難しい?

労働力の偏在

正直、ボククボの病院は現在かなり暇です。
仕事がありません。

手術は緊急性の高いものだけに絞っていますし、
外来の数も減っています。
不要な受診も減りました。

内科医も、入院患者が減って時間はありそうです。

ICUで人工呼吸器管理を得意とする麻酔科医も
手術がなくて自宅待機しています。

大学病院も、新型コロナウイルス患者も基本的には
排除していますが、
感染症内科専門医が何人もいます。

臨時感染症指定病院化?

都市部では、人口に対して

感染症指定病院が足りていません。
’臨時感染症指定病院’が必要ではないかと思います。

ホテル借り上げと同様に、
現在活動をほぼ休止している
ICUや中小規模病院を借り上げ、
強烈なニンジン(お金)作戦で短期派遣医師を募集してはどうだろうか?

経営が苦しい病院の首脳陣も検討を始めるだろう。

医師派遣の中止でバイト先を失った医師だとか
怖いもの知らず独身医師など

集まりそうなものだが、、、

まとめ

  • 医者はいるところにはいるし、多くの医師が今暇
  • 感染症指定病院が足りない

以上です。

よろしければコメント、SNSで拡散お願いします。



-医師のホンネ・裏話, 医療ニュース解説
-, , , ,

Copyright© ボククボのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.