医師のホンネ・裏話 医療ニュース解説

【医師のホンネ】慶應大学病院研修医の新型コロナウイルス感染

更新日:

こんにちは。ボククボです。

慶応大学医学部附属病院の研修医たちが、

新型コロナウイルスの流行で、会合の自粛が叫ばれる中

40人以上で3次会まで及ぶ「お疲れ様会」を開き、

18人が感染、参加者全員が自宅待機となったと報道があり、

世間から批判を浴びています。

  • なぜこのようなことが起こったか?
  • 研修医個人の資質?
  • 今後まともな医者になる?

という視点で見ていきます。

ボククボももちろん元研修医なので、
なんとなく彼らが何考えているのかわかります。
(なんも考えてなかったかも。。)

かばう気もありませんが、どこか
「研修医なら仕方ねえか」
っていうきもしてます。

医師としての自覚は?

学生の延長

ボククボは研修医のころ、

医師としての自覚は、なかったです 笑

いうほど難しくない
マークシートの医師国家試験を受けたら免許が発行され

超買い手市場なのに、一応就職活動のような体裁の
就職試験をうけて

初期臨床研修医として、病院に登録されます。

同期入職は何十人もいて、大学の同期もたくさんいます。
互いが互いを見ながら、

「あいつが医者になるなんて信じられない」

と口にしています。

病棟では医者らしい顔をしていますが、
研修医室にもどれば、「同級生」たちと
学生時代とかわらない会話をしています。

厳しくなった残業規制

初期臨床研修制度が始まったときは、

研修医は病院に泊まり込み、昼夜関係なく働いていましたが

現在は働き方改革の波もあり、残業はほぼ許されないようです。

正直、医者の仕事は17時に終わるなんてことはないので
研修医に全部雑務を任せることはできません。

研修医には、担当患者はいるものの、夜中の急変などに
駆けつけることなどもなくなっているようです。

まあ、1-2年目の若い医師のメンタルを
ローテーションの段階で潰してしまったら、
どの専門科が、今後面倒みるんだっていう話もあります。

もちろん、未だに研修医を安い労働力としてこき使う
ブラック病院もありますが、
大学病院では、半分学生みたいな状態を容認しているようです。

所属は研修センター

大学病院の研修医の所属は

「研修センター」

です。この組織にはもちろん1-2年目しか所属しません。

ここには先輩も社長もないので、
研修医たちの社会には「同級生」しかいません。

会合の自粛要請も
「ガッコーがなんかいってるな」
ぐらいなのでしょう。

3年目になると、大学病院の各専門科「医局」という
鉄の絆をもつ組織に所属するようになります。
(稀に一般病院に就職するひともいます)

この時点でやっと、一生付き合っていくであろう
先輩医師や同僚医師、教授がきまります。

一般社会でいう「入社」ですね。

3年目以降には、
「うちの教授の顔に泥を塗るわけにはいかん」
という意識も少しは芽生えますので、
自粛ムードの中飲み会など考えられません。

医師の自覚は3年目に出る

研修医の意識がいつ変わるのか?

医師として、本当の自覚は3年目に急に出てきます。

急に周りの保護がなくなり、責任を一手に
引き受けることになるからです。

処方ミスも検査不足も患者さんへの説明不足も
全部自分のせいになり、
ミスした分だけ、後の対応も大変になります。

整形外科でいうと、
手術計画・手術枠確保・インプラント発注・助手の医師の確保
も自分で行うことになります。

格闘技でいえば、スパークリングしかしていないのに
いきなり防具無しで金網ファイトに突っ込まれるようなものです。

(ちなみにこのタイミングでうつ病になる人が多いです。)

急に臆病になる

もし、デキる研修医の方がこれを読んだら、

自分は違う医師としての責任を果たしている

とおっしゃるかもしれません。

たしかに、知識も豊富で診断や患者さんへの対応も素晴らしい
研修医はいます

このような研修医はよく勉強しているので、医学書に沿って判断し
教科書通りの答えを導きます。

しかし、3年目になると
全ての責任が(患者さんの命)が自分の判断にかかるため、
教科書通りに決断できなくなることもあるのです。

「上肢の麻痺があるけど、診察・検査結果から
教科書通り判断すればただのヒステリーだろう(詐病)」

と思っても、「帰って大丈夫」とは3年目以降は言えません。

「MRIにも映らない一過性脳虚血発作の可能性も
否定できないな、、一応入院させとくか。。」

何か見落としがあったら、法廷に行くのは自分です。

常に診察時には、訴訟のことがちらつく様になれば
医師としての自覚が出てきたといってもいいでしょう。

意外と大事なアルバイト

医師の自覚形成には意外と、アルバイトも役に立ちます

アルバイト(他院への非常勤勤務)は3年目から許可されますが、

今まで大学病院で研修を受けてきた医師は、
民間病院の利潤追求主義に驚きます。

高額時給で雇う民間病院は、
「この医師はどれだけ稼いでくれるか」
で見てきます。

一日働けば、驚くほどのお金をもらえるので、
少しは働かないと悪い気持ちになります。

アルバイトをする中で、

  • 自分は医療サービスを提供する技術者である
  • 病院は自分に期待している
  • 自分の売りがないとやっていけない

という意識が芽生え、独り立ちする覚悟を決めます。

まとめ

研修医と3年目以降の劇的な違いについて述べてきました。

正直、大学病院には医者がうじゃうじゃいるので

研修医が40人自宅待機したって屁でもありません。

「お疲れ様会」に参加した研修医には猛省してほしいですが、
自宅待機期間が終われば、切り替えて

3年目として死ぬほど働いてほしいです。

すぐに顔つきが変わってくると思います。

[エンジェルルナ] マスク 水着素材 水着生地 洗えるマスク 水着マスク 布 洗える mask ますく 5枚入り ホワイト 日本 約37cm13cm (FREE サイズ)

新品価格
¥2,180から
(2020/4/21 18:05時点)

-医師のホンネ・裏話, 医療ニュース解説
-, , , , ,

Copyright© ボククボのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.