趣味・私生活

【ロマン重視の株投資】落ちるナイフをつかみたい!

更新日:

こんにちは。

整形外科医ブロガーのボククボです。

全く株式投資の知識がない素人ですが、

株式投資をしています。

今まで投資の勉強はしたことありませんし、
今後する予定もないです 笑

もちろん、大失敗していますので、
そろそろ反省会をブログでしようかと思います。

敗因は、「お金にズボラ」なことですね。

現物株式のみ

投資しているのは現物株式です。
ほぼNISAにいれてます。

信用取引は、漫画やブログで、
怖い話を聞いているのでやりません。

空売りを始めると
後に引き返せなくなりそうなので
やらないと決めてます。

超バッドニュースなどない限り
購入したらそのまま放置してます。

投資金額は?

正直、正確に把握できていません 笑

現在保持している株式の買い付け額は150万ぐらい

現在の評価額は80万円ぐらいです。

損切りしたものもありますので、

損益は通算
150万ぐらいになっているかもしれません。

まず、把握できていないことが反省点ですね。

バイオ関連株ばっかり

医師にありがちな失敗

医師はバイオ株にはまって失敗することが
多いみたいです。

普段から、新発売の高価な薬剤が飛ぶように使用
されるのを見ていますからね。

人知れず臨床試験に失敗した薬のことは
ほとんど知りません。

ボククボもごたぶんに漏れず、ハマりました。

関連する医学論文を読みあさり、
clinical trials.govで臨床試験のデザインを確認し、

時には、マイナーが学会の抄録や
各病院の倫理委員会議事録まで目を通しました。

バイオ会社には、うさん臭い会社もありますが

【スゴイ薬】や【スゴイエネルギー】を開発している
ロマンある会社をみつけたと思い

思い切り投資していました。

ボククボのダメなところは、
会社の純資産や発行株数、利益など
株式の基本はまったく勉強していないところですね。

投資基準はロマンのみです。

投資先1:ナノキャリア

薬を標的まで効率よく届ける技術
(=ドラッグデリバリーシステム)

をもつ会社です。

抗がん剤などの副作用の強い薬を高分子でつつんで、
標的細胞についたら放出するという技術ですね。

【抗がん剤を高濃度でがん細胞のみに届ける製剤】

【mRNAを標的臓器にとどける遺伝子治療薬】

というコンセプトであり、

応用範囲は莫大です。

成功すれば、ノーベル賞ものですね。

成功すればね。。。。

臨床試験デザインなど、薬剤自体の以外の
問題もありますが、

抗がん剤NK-105 は効果が示せず、
新世代抗がん剤NC-6004も申請見送りとなっています。

治験失敗の連続で
みるみるうちに株価が下落して行きました。

投資先2.ブライトパスバイオ

がんのワクチン開発を行っている会社です。

がんの「免疫療法」っていうのは、
あやしい自由診療クリニックが扱っている
非科学的なものもふくまれがちですが、

オプジーボ、キートルーダなどの【奇跡の薬】も
あり、がん治療の新たな柱になってきています。

がん細胞のペプチド(破片みたいなもの)
を接種して、免疫を誘導したり、

オプジーボの効果増強を狙ったりします。

最近では、

NKT細胞(ナチュラルキラーT細胞:天然の殺し屋)
という腫瘍殺傷効果のある細胞を、

iPS細胞から増産して注射するというiPS-NKT治療も
臨床試験しています。(千葉大で)

まだまだ、楽しみなネタはあるんですが、

期待されていたITK-1という
がんワクチンが【効果なし】の結論で、
開発中止になったことから、

株価は安値で推移しています。。。。

投資先3.ユーグレナ

ミドリムシ(学名ユーグレナ)の大量培養技術をもつ会社です。

ボククボのポートフォリオには珍しく、東証1部です。

ミドリムシからとれる油から、バイオ燃料を作って、

エネルギー生産と二酸化炭素の吸収を両立する!
というエネルギー・環境事業がメインです。

すでに、実証プラントは完成済みであり、
飛行機の燃料として使うのに必要な
国際規格認証(ASTM認証)をゲット済みです。

エネルギー事業は順調そうにみえますが、
原油安の影響もあってか、株価に反映されませんね。

2018-2019年には空売りファンドの標的にもなり、
ネガティブレポート攻撃にあったみたいです。

現状では、
サプリメント販売事業が収益の柱のようですが

これには正直ロマンは感じませんね。。

いつかこの会社がエネルギー・環境問題の救世主になり
株主であることを誇れる日が来るまで
持ち続けます。

ハイリスク銘柄なのに放置

ボククボが保持している銘柄の大半は、
値動きの激しい新興銘柄です。

しかも購入時期は、
新規薬剤の臨床試験が終了するタイミングなど

値動きの激しい時期です。

そういったハイリスクな投資をしているくせに

損切ラインを決めずに

【ただ保持して祈るのみ】

というスタンスでした。

そりゃ、大損しますわ。

買付・売却のタイミング

実際の売買でも、素人丸出しでした。

成買を多用

ボククボは買い付け時、指値などせず、

ほぼ成買で買っていました。

買えないとテンションさがりますし、
せいぜい数枚の購入なんで

1000円の差ぐらいいいか

と思っちゃうんですよね。

まったくもって投資には向いていません。

売却目標、損切ラインを決めない

大当たりして10倍になればいいなとは思っていますが
10倍になったら、なったで売れないと思います。

適正価格の指標も知りませんしね。

大当たりしても

「配当生活じゃ!」

っていう気持ちになって売り時を逃します。

下落したらしたで、すぐに

「どぶに捨てたとおもって最後まで心中だ!」

っていうスタンスです。

これじゃあ勝てませんわ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ボククボの投資テクニック(?)を
惜しむことなく公開しました。

決してマネしないでください 笑

記事を書いていて、つくづく
投資には向いていないなと感じました。

唯一良かった点

反省点ばかりですが、

唯一良かった点としては、
【余剰資金で現物取引のみ】
だったことです。

保有株式が0円になっても、とくに生活は困りません。

医師としての収入は十分なので、
株取引を中断している現在は、
貯金額は順調に増えています 笑

株が原因で、家庭が崩壊することもありません。

ここらへんで個別銘柄取引は引退しようかな。。

落ちるナイフをつかみたい

新型コロナウイルスによって経済が停滞中であり、
今後株価の暴落が見込まれることは素人でもわかります。

ロマン重視の投資家・ボククボとしては、
【落ちるナイフをつかみたい!】
衝動に駆られています。

まあ、ちゃんと勉強してやらないと、
また失敗するのは確実なのでしょうが。。

下がりきったタイミングで
iDeCoでも始めようかと思います。

「老後資金」といわれても、
テンションが上がらないんで避けてましたが、
少なくとも節税にはなりますしね。


-趣味・私生活
-, , , , , ,

Copyright© ボククボのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.